「旬の食材百科」話のネタ

様々な食材や料理についての情報を綴っています。話のネタにしていただければ幸いです

INDEX

■■■ comment ■■■
    ■■■ trackback ■■■

      カレンダー

      05 | 2017/06 | 07
      - - - - 1 2 3
      4 5 6 7 8 9 10
      11 12 13 14 15 16 17
      18 19 20 21 22 23 24
      25 26 27 28 29 30 -

      • 更新:フキノトウ:食卓に春を添えよう フキノトウ

      更新:フキノトウ:食卓に春を添えよう フキノトウ

      ふきのとう




      いよいよ春ですね

      フキノトウも顔を出しています。

      春は色々な食材が出てくる時期

      食卓にも春を招待しないとね


      と言うわけで、今回はフキノトウ

      王道の天ぷらと、ふきのとう味噌を作ってみました。



      天ぷらはあまり大きくないものを選びます。

      ふきのとう



      アク抜きの必要は無く、赤い葉をとって、さっと水洗いして水気を切り

      天ぷら粉をまぶします。

      それから生地を絡め、180度でからっと揚げます。

      揚げすぎてしまうとカスカスになってしまうので、表面がカラッとなればすぐにあげます。


      フキノトウの天ぷら



      お次はフキノトウ味噌

      色々なレシピがありますが、今回は比較的優しい苦味で風味が活きた感じに仕上げたかったので

      下茹でしました。

      塩を1Lの水に対し10gほど加えて沸騰させているところに

      掃除したフキノトウを投入し、キッチンペーパーを被せます。

      今回はあまり大きくないものばかりだったので、3分間茹でて 冷水に取りました。




      苦味が苦手な方は、ここで1時間くらい長い時間水にさらしておくといいですよ。

      今回は香りを残したかったので、冷めたらすぐに刻みます。


      刻んだふきのとう




      刻んだものを油を敷いたフライパンでさっと炒め、

      味噌に酒とみりん、砂糖を加えて木ベラでよく混ぜながら更にいためます。

      写真のふきのとうの量に対し、味噌大匙山盛り2杯、酒大匙1、みりん大匙1、砂糖大匙2位入れましたが、

      分量はお好みで調節してください。


      水分がとんでネットリしてきたら出来上がりです。

      冷めると少し締まって固くなるので、火から下ろすタイミングは、

      まだ少しゆるいかな・・・と思うくらいが丁度いいと思いますよ。


      ふきのとう味噌



      これ ご飯が進む進む

      今回は麦味噌で作りましたが、白味噌で作っても美味しいですよ。

      色ももっとクリーム色っぽくなります。

      食材百科に写真を沢山追加し、解説を更新しました。


      フキノトウ:旬の野菜百科
      http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/vegitable/fukinotou.htm
      関連記事
      スポンサーサイト

      コメント

      コメントの投稿

         管理者にだけ表示を許可する