「旬の食材百科」話のネタ

様々な食材や料理についての情報を綴っています。話のネタにしていただければ幸いです

INDEX

■■■ comment ■■■
    ■■■ trackback ■■■

      カレンダー

      09 | 2017/10 | 11
      1 2 3 4 5 6 7
      8 9 10 11 12 13 14
      15 16 17 18 19 20 21
      22 23 24 25 26 27 28
      29 30 31 - - - -

      • 更新:日向夏:これから旬 別名「ニューサマーオレンジ」や「土佐小夏」

      日向夏:これから旬 宮崎特産の日向夏 食べ方に特徴

      日向夏


      日向夏は宮崎県で発見された柑橘で、高知県や和歌山県などでも作られています。

      宮崎では、「日向夏」ですが、その他では「ニューサマーオレンジ」や「土佐小夏」「小夏みかん」などの名称で呼ばれています。


      この日向夏の特徴は、普通の柑橘とは違い、表面の黄色い皮の表面だけリンゴのように剥き、
      果肉と、皮と果肉の間にある白いアルベドと呼ばれる部分を一緒に食べるということです。


      これがなんともいえない味で、

      果肉のすがすがしい酸味と、それをソフトに和らげ、ほんのりと甘みを感じるアルベドの食感が不思議な独特の食味となって口に広がります。

      年末辺りからもう温室物が出回っていますが、これから春に向けて美味しい旬の時期となります。

      表面の皮をリンゴ剥きするとこんな感じです。

      日向夏、ニューサマーオレンジ、土佐小夏

      日向夏、ニューサマーオレンジ、土佐小夏


      果肉はみずみずしくとてもジューシーです。


      日向夏、ニューサマーオレンジ、土佐小夏


      日向夏:旬の果物百科
      http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/fruit/hyuganatu.htm
      関連記事
      スポンサーサイト

      コメント

      コメントの投稿

         管理者にだけ表示を許可する