「旬の食材百科」話のネタ

様々な食材や料理についての情報を綴っています。話のネタにしていただければ幸いです

INDEX

■■■ comment ■■■
    ■■■ trackback ■■■

      カレンダー

      07 | 2017/08 | 09
      - - 1 2 3 4 5
      6 7 8 9 10 11 12
      13 14 15 16 17 18 19
      20 21 22 23 24 25 26
      27 28 29 30 31 - -

      • 更新:ポポー:古くて新しい とろける食感のポポー

      旬:ポポー:古くて新しい とろける食感のポポー





      ポポーという果物をご存知でしょうか?


      先日道の駅に並んでいて思わず買ってしまいました。

      5個で500円。






      ポポーは明治時代に日本に入ってきた北アメリカ原産の果物で、チェリモヤなどと同じバンレイシ科の木になる果実です。

      その昔、戦後間もなく一時全国に栽培が普及したようですが、


      その後人気が出ずにしぼんでしまったようです。




      でも、


      今の時代には好まれる味なのではないかと思います。








      果肉はオレンジ色で柔らかくねっとりとしていて

      なんともいえないトロピカルフルーツのような芳香があります。


      味はとても甘く、人によってはカスタードプリンに例えられたりもします。

      アメリカでも「アメリカン・カスタードアップル」などとも呼ばれているそうです。







      ただ、市場に流通していないのには理由もあります。

      この果物、実はとても熟すのが早く、日持ちしない上に、

      収穫後すぐに表面が黒く汚れたようなシミが出てくるんです。

      そうなっても中の果肉には影響ないのですが、見た目が悪くなると買う人が減ってしまうんです。





      そんなわけで、「幻の果物」などとまで言われています。



      今がちょうど収穫時期で旬です。


      もし見かけたら是非一度食べてみてください。


      旬の食材百科にもページを追加しました。



      ポポー(ポーポー):旬の果物百科
      http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/fruit/pawpaw.htm

      関連記事
      スポンサーサイト

      コメント

      コメントの投稿

         管理者にだけ表示を許可する