FC2ブログ

「旬の食材百科」話のネタ

様々な食材や料理についての情報を綴っています。話のネタにしていただければ幸いです

カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

  • 更新:カリフラワー:幾何学的な螺旋形状が面白いロマネスコ収穫

更新:カリフラワー:幾何学的な螺旋形状が面白いロマネスコ収穫


我が家の鉢植えロマネスコが収穫できました。

ロマネスコ

初めて栽培してみましたが、なんとか形に育ってくれました。

期待していたよりも角が丸い気もしますが・・・・

これは品種によるものなのか、育て方によるものなのかは不明です。

ロマネスコ

それでもまあ、きれいな螺旋状の房が並んでいます。

ロマネスコは植物学的にはカリフラワーに属していますが、味的にはブロッコリーに近い感じで、

カリッコリーなんていう名前がつけられていたりもします。


今回、収穫する時期が少し遅かったのかもしれません

花芽の先が少し膨らんで、小さな紫色っぽい粒状のものが出ていたりしていました。


あともう一株が追いかけるように育ってきているので、そちらは早めに収穫してみます。

ロマネスコ

ロマネスコの断面です。

写真を撮りながら

いつも自然の造形美にみとれてしまい、ついつい沢山撮ってしまいます。



旬の食材百科に写真と解説を追加しました。


ロマネスコ:旬の野菜百科
http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/vegitable/cauliflower-Romanesco.htm
関連記事
スポンサーサイト



  • 更新:グラパラリーフ:みずみずしさと酸味が持ち味 サラダや前菜に

更新:グラパラリーフ:みずみずしさと酸味が持ち味 サラダや前菜に


グラパラリーフ

数年前から見かけるようになり、しばしば話題にも上る新野菜です。

多肉植物の葉な訳ですが

食用に食べやすく改良されています。

グラパラリーフ

こんなカップなどに入れられて売られていいますが、

非常に生命力が強く、鮮度が落ちると傷んでくる と言うより

新芽が付け根の部分から出てきます。

グラパラリーフ

食べるとサクサクとした食感で、少し酸味があります。

基本的に生食用と考えていいでしょう。

サラダや、パテ、ディップなどをこの葉ですくって一緒に食べるような前菜にお勧めです。

旬の食材百科に写真と解説を追加しました。


グラパラリーフ:旬の野菜百科
http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/vegitable/Graparaleaf.htm
関連記事
  • 更新:ブドウ:冬のぶどう グローコールマン さっぱりとしたみずみずしさが持ち味

更新:ブドウ:冬のぶどう グローコールマン さっぱりとしたみずみずしさが持ち味

グローコールマン

ロシア生まれのグローコールマン

日本では岡山県の特産ブドウです。

この時期に温室栽培で沢山出荷され、「冬のブドウ」として知られています。



グローコールマン

でも、近年、輸入ブドウにおされぎみのようで、価格がかなりお手頃になっています。

生産者の方は大変だろうと思います。



グローコールマン

ただ、このグローコールマンというブドウは

皮は薄く剥きにくいのですが、そのまま食べられると言うわけでもなく、

近年の種無しの傾向に反して種もしっかりと入っています。

甘さも程ほどで、みずみずしさが特徴となっているので

最近の甘さ重視的な方から敬遠されているのかもしれません。


旬の食材百科に写真と解説を追加しました。


グローコールマン:旬の果物百科
http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/fruit/budou-GrosColman.htm
関連記事
  • 更新:食用菊:黄色や紫 彩りもよくシャキシャキした食感が楽しい

更新:食用菊:黄色や紫 彩りもよくシャキシャキした食感が楽しい


もってのほか もって菊 紫の食用菊

食用菊といえば山形県が特産として知られていますね

山形の食用菊といえば「もってのほか」や「もって菊」と呼ばれている この紫色の太輪種ですね

新潟では「カキノモト」と呼ばれています。

もってのほか もって菊 紫の食用菊

生のままサラダに散らすもよし、 さっと茹でておひたしや和え物などにも


茹でるときの注意点は、必ず酢を加えて茹でることです。

加えないで茹でてしまうと色が汚くなってしまいます。


ポテトサラダに混ぜるととても色身がよく、シャキシャキした菊の食感がアクセントになって美味しいですよ。


そして黄色い菊も

安房宮という黄色い食用菊は青森県の特産です。


安房宮系 黄色の食用菊

食用菊は食べて美味しいように、

苦味を抑え、花びらが大きく、しかも食感をよくするために筒状に丸まった形になるよう品種改良されたものです。

なのであのシャキシャキ感があの閉めるというわけです。

安房宮系 黄色の食用菊

旬の食材百科に沢山の写真と解説を追加しました。


食用菊:旬の野菜百科
http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/vegitable/kiku-edible.htm
関連記事
  • 更新:菜心:菜の花の一種 中国野菜のサイシン

更新:菜心:菜の花の一種 中国野菜のサイシン

菜心(サイシン)

もう菜の花が店頭に並んでいますね

本来の旬はもう少し先 春先なんですけどね


今回紹介するのは中国野菜の1つ 菜心(サイシン)

これも菜の花と同じアブラナ科の野菜で、花芽や茎葉を食用とします。

菜心(サイシン)

以前紹介した 紅菜苔(コウサイタイ)はこの菜心をもとに作られた品種とされています。

さっと茹でて和え物やおひたしに使ったりしますが、

個人的には炒め物がお勧め。


菜心(サイシン)


旬の食材百科に写真と解説を追加しました。


菜心:旬の野菜百科
http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/vegitable/saishin.htm
関連記事