FC2ブログ

「旬の食材百科」話のネタ

様々な食材や料理についての情報を綴っています。話のネタにしていただければ幸いです

カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

  • 更新:ブドウ:冬のぶどう グローコールマン さっぱりとしたみずみずしさが持ち味

更新:ブドウ:冬のぶどう グローコールマン さっぱりとしたみずみずしさが持ち味

グローコールマン

ロシア生まれのグローコールマン

日本では岡山県の特産ブドウです。

この時期に温室栽培で沢山出荷され、「冬のブドウ」として知られています。



グローコールマン

でも、近年、輸入ブドウにおされぎみのようで、価格がかなりお手頃になっています。

生産者の方は大変だろうと思います。



グローコールマン

ただ、このグローコールマンというブドウは

皮は薄く剥きにくいのですが、そのまま食べられると言うわけでもなく、

近年の種無しの傾向に反して種もしっかりと入っています。

甘さも程ほどで、みずみずしさが特徴となっているので

最近の甘さ重視的な方から敬遠されているのかもしれません。


旬の食材百科に写真と解説を追加しました。


グローコールマン:旬の果物百科
http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/fruit/budou-GrosColman.htm
関連記事
  • 更新:食用菊:黄色や紫 彩りもよくシャキシャキした食感が楽しい

更新:食用菊:黄色や紫 彩りもよくシャキシャキした食感が楽しい


もってのほか もって菊 紫の食用菊

食用菊といえば山形県が特産として知られていますね

山形の食用菊といえば「もってのほか」や「もって菊」と呼ばれている この紫色の太輪種ですね

新潟では「カキノモト」と呼ばれています。

もってのほか もって菊 紫の食用菊

生のままサラダに散らすもよし、 さっと茹でておひたしや和え物などにも


茹でるときの注意点は、必ず酢を加えて茹でることです。

加えないで茹でてしまうと色が汚くなってしまいます。


ポテトサラダに混ぜるととても色身がよく、シャキシャキした菊の食感がアクセントになって美味しいですよ。


そして黄色い菊も

安房宮という黄色い食用菊は青森県の特産です。


安房宮系 黄色の食用菊

食用菊は食べて美味しいように、

苦味を抑え、花びらが大きく、しかも食感をよくするために筒状に丸まった形になるよう品種改良されたものです。

なのであのシャキシャキ感があの閉めるというわけです。

安房宮系 黄色の食用菊

旬の食材百科に沢山の写真と解説を追加しました。


食用菊:旬の野菜百科
http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/vegitable/kiku-edible.htm
関連記事
  • 更新:菜心:菜の花の一種 中国野菜のサイシン

更新:菜心:菜の花の一種 中国野菜のサイシン

菜心(サイシン)

もう菜の花が店頭に並んでいますね

本来の旬はもう少し先 春先なんですけどね


今回紹介するのは中国野菜の1つ 菜心(サイシン)

これも菜の花と同じアブラナ科の野菜で、花芽や茎葉を食用とします。

菜心(サイシン)

以前紹介した 紅菜苔(コウサイタイ)はこの菜心をもとに作られた品種とされています。

さっと茹でて和え物やおひたしに使ったりしますが、

個人的には炒め物がお勧め。


菜心(サイシン)


旬の食材百科に写真と解説を追加しました。


菜心:旬の野菜百科
http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/vegitable/saishin.htm
関連記事
  • 更新:リンゴ:「千秋」と「陸奥」 写真を追加 

更新:リンゴ:「千秋」と「陸奥」 写真を追加 


千秋りんご

千秋リンゴ

紅く可愛いリンゴ どちらも千秋です。

お手頃価格で美味しいリンゴです

千秋リンゴ

果肉はやや固めですが、サクサクとした感じで

甘み酸味のバランスがよく、あまり繊維質を感じません。



サン陸奥

サン陸奥


陸奥といえば、高級リンゴのピンク陸奥のイメージが強いのですが

近年無袋栽培され、味的にはピンク陸奥より甘く美味しい傾向にあるサン陸奥が多くなったように思います。

これはそのサン陸奥です。

甘み酸味が濃厚で、歯ざわりもしっかりとしたリンゴです。

なにより香りがとても良いです。


サン陸奥


旬の食材百科に写真と解説を追加しました。


千秋リンゴ:旬の果物百科
http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/fruit/sensyu.htm


陸奥:旬の果物百科
http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/fruit/apple-Mutsu.htm
関連記事
  • 更新:コールラビ:これでもキャベツの仲間です シャキシャキ感を楽しもう

更新:コールラビ:これでもキャベツの仲間です シャキシャキ感を楽しもう


コールラビ

面白い形をした野菜でしょ?

こんな形をしていますが、キャベツの仲間なんです。

日本名は「カブカンラン(蕪甘藍)」、又は「カブタマナ(蕪玉菜)」とされていますが、

「球茎キャベツ」とも呼ばれています。

コールラビという名前は キャベツ+カブ という意味なんだそうです。

台湾でも「大頭菜」と言う名前でポピュラーな野菜です。



コールラビ

大きさは小かぶ位で、あまり大きくなりすぎたものは硬くなってしまいます。

食べるのはこの肥大した茎の部分で、

表面の皮を厚めに剥いて中の白い部分を食べます。


コールラビ

生のままサラダにするもよし、煮物にするもよし。

食感は大根のような感じで、味はキャベツか・・・ブロッコリーのような・・・

見かけたら一度食べてみてください。


旬の食材百科に写真と解説を追加しました。


コールラビ:旬の野菜百科
http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/vegitable/Kohlrabi.htm
関連記事