FC2ブログ

「旬の食材百科」話のネタ

様々な食材や料理についての情報を綴っています。話のネタにしていただければ幸いです

カレンダー

10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

  • 更新:キュウリ:イボだらけ パリッと美味しい四川胡瓜

更新:キュウリ:イボだらけ パリッと美味しい四川胡瓜



スーパーではあまり見かけないイボとシワだらけのキュウリ

持つ時もイボがちくちくと痛いくらい

四川胡瓜



でも、このキュウリが旨いんです。


あまり売っていないのは 美味しくないからではありません

市場に広く普及するかどうかの最も大きなテーマは

「味」以上に、流通に耐えられるだけの「保存性」なんです。


今普及している一般的な白いボキュウリはその点をクリアした品種なんです。


一方、この四川胡瓜は味が美味しいにもかかわらず、

表皮が薄い上にイボが多く、傷つきやすく、日持ちも良くないんです。

なのでスーパーなどには並ばないと言うわけです。

そういった野菜や果物は他にも沢山あるんですよ。


四川胡瓜



で、この四川胡瓜

生のままかじってももちろん美味しいのですが

漬物にすると最高です。

このキュウリの漬物と普通のキュウリを使った漬物を比べてみるとびっくりするくらい食感や美味しさの違いに気づくはずです。


四川胡瓜



旬の食材百科に写真とページを追加しました


四川胡瓜:旬の野菜百科
http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/vegitable/kiuri-shisen.htm
関連記事
スポンサーサイト



  • 更新:柿:蜂屋柿 写真追加

更新:柿:蜂屋柿 写真追加

旬の食材百科の「甲州百目柿」のページに蜂屋柿の写真を追加しました。


蜂屋柿


甲州百目・蜂屋柿:旬の果物百科
http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/fruit/kaki-Kousyuhyakume.htm
関連記事
  • 更新:柿:梨のような食感 太秋

更新:柿:梨のような食感 太秋

太秋柿

太秋柿は富有柿を元に生まれた完全甘柿の品種です。

外見は富有柿と似ていますが、大玉傾向で、300~400gになります。


大きな特徴はその食味で、

みずみずしく梨を食べた時のようなシャキシャキした食感が楽しめ、糖度も17から18度と高くなります。

太秋柿


果頂部を中心とした同心円状に細かいひびのような筋が入りやすく、見た目が損なわれ、商品価値が下がってしまうのですが、

じつはこのひび割れが出来ている部分が甘いという印なんです。

選ぶ時の目安にしましょう。



太秋柿:旬の果物百科
http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/fruit/kaki-Taisyu.htm
関連記事
  • 更新:水菜:新顔 茎が赤い「赤水菜」と葉が赤い「紫水菜」

更新:水菜:茎が赤い「赤水菜」と葉が赤い「紫水菜」


水菜が美味しい季節ですね

スーパーなどで売っている水菜は細く柔らかいもので

生でサラダにしても美味しいですね。

この時期鍋に使ってもシャキシャキと美味しいです。



ところで、最近変わった水菜が出回り始めています。


今回紹介するのは、茎が綺麗な紫色のものと、茎は緑だけど葉が赤紫色のものです。


赤水菜

赤水菜


茎が綺麗な紫色をしています。

葉の形状や色は一般的な水菜と同じです。

赤水菜




葉野菜などのアントシアニンは茹でると流失して緑に戻ってしまうものが多いので

ためしに茹でて見ることに。

また、酸と反応して綺麗に発色する事がおおいのでそれも試してみました。


結果はこの通り


赤水菜



手前左が茹でたもの。右奥が浅漬けにした状態です。

ゆでてもほんのりと色が残っていますね。

おひたしなど、色つきで良さそうです。

浅漬けは見事に鮮やかな色になりました。


ただ、生のまま使いたいところですが、そのままサラダで食べるにはやや茎が太すぎて食べにくいです。



紫水菜

紫水菜




こちらは京都で、「京都産 賀茂のふりうり野菜」として売られていたもの


一見水菜というより、からし菜や春菊のような感じですが・・・

葉が綺麗な紫色で、葉の形状はからし菜や春菊とは違います。

紫水菜



同じように葉が紫色のサラダからし菜というのがありますが、やはり葉の形状が違いますね・・・

サラダからし菜は旬の食材百科に掲載しているので見比べてみてください。



そして、ゆでてみることに


紫水菜




こちらは綺麗さっぱり 紫はみずに流してしまったようです。

生のまま食べてみましたが、苦味も少なくサラダでも食べられます。

でも、やはり茎の部分はさっと茹でるほうが美味しいです。


旬の食材百科にそれぞれのページを追加しました。

紫水菜:旬の野菜百科
http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/vegitable/mizuna-murasaki.htm


赤水菜:旬の野菜百科
http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/vegitable/mizuna-aka.htm


水菜:旬の野菜百科
http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/vegitable/kyouna.htm


サラダからし菜:旬の野菜百科
http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/vegitable/saladkarashina.htm
関連記事