「旬の食材百科」話のネタ

様々な食材や料理についての情報を綴っています。話のネタにしていただければ幸いです

カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

  • 09/28のツイートまとめ

syokuzaihyakka

@itigo74 「旬の食材百科」をごらん頂きありがとうございます。更には、誤表記のご指摘ありがとうございます。私の勝手な思い込みだったようで・・・20年以上も間違ったままでいました。正しくはご指摘どおり「にょほう」です。これからもよろしくお願いします。
09-28 14:10

関連記事
スポンサーサイト
  • 更新:四角豆:「うりずん豆」とも呼ばれる四角豆 今が旬

更新:四角豆:「うりずん豆」とも呼ばれる四角豆 今が旬




沖縄ではうりずん豆と呼ばれ親しまれている四角豆。

本州ではまだまだ知られていない野菜の1つですね。







四角豆は鞘の四方に翼のようにヒダが付いていて、断面が四角い形をしています。

東南アジアなど熱帯アジアで主に栽培されている野菜で、

タイなどではスープの具などでよく見かけます。









鮮やかな緑色でシャキシャキした食感が美味しく、

炒め物や揚げ物などにも使えます。








さっと塩ゆでしてサラダにしても美味しいです。


旬の食材百科に四角豆のページを追加しました。

四角豆(うりずん豆):旬の野菜百科
http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/vegitable/shikakumame.htm

関連記事
  • 更新:トウガラシ:辛いのはお好きですか? 唐辛子もいろいろ

更新:トウガラシ:辛いのはお好きですか? 唐辛子もいろいろ





唐辛子といえば赤い「鷹の爪」や一味などのイメージが強いと思いますが

近頃は世界各地の唐辛子が日本でも栽培され、流通するようになって来ました。





そんな唐辛子達の中のいくつかを今回取り上げてページを追加しました。

今回は下の4種






ご存知鷹の爪 





ピクルスが美味しいハラペーニョ





ペルーの唐辛子 アヒ・リモ





コロンビアの激辛唐辛子 ゴールド・チリ





サイトに画像や特徴、食べ方や栄養価などを掲載しています。


唐辛子(辛味種):旬の野菜百科
http://www.foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/vegitable/pepper.htm
関連記事
  • 更新:サツマイモ:「芋づる」を美味しく食べる

更新:サツマイモ:「芋づる」を美味しく食べる


サツマイモを収穫する際の副産物 芋づる 美味しく食べられるって知っていますか?






今の時代、手間をかけずに美味しく食べられる野菜が豊富にあるので

芋づるはほとんど食用にされず、家畜の飼料や畑の肥料にされているようです



かつて日本が貧しかった頃は この芋づるも大切な食材だったようです。




最近道の駅などで見かけるようになり

買って食べてみることに


そのままでは繊維質が強く固いので

表面の薄皮をむかなければなりません





ちょっと手間はかかりますが

青臭さなどクセはほとんどなく、炒め物の他、煮物や和え物などいろいろな料理に使えそうです。





炒め物などにするとシャキシャキした食感で結構美味しいかったです。

おじいさんやおばあさんに聞くと

昔はよくきんぴらや佃煮にして食べていたそうです。




次々いろいろな野菜が出て便利にはなりましたが

こういった滋味な野菜も大切にいただきたいものです。


旬の食材百科に「芋づる」のページを追加

下ごしらえやゆで方、主な料理なども掲載しました。

芋づる:旬の野菜百科
http://www.foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/vegitable/imozuru.htm

関連記事
  • 更新:イチゴ:夏のイチゴ「サマープリンセス」 

更新:イチゴ:夏のイチゴ「サマープリンセス」 




秋の果物の売り場に行ってみると一面に並んだイチジクやぶどうに紛れるように

イチゴが積まれていました。



手にとって見ると長野県安曇野産のサマープリンセスというラベルが貼られていました。






パックに詰められているそのイチゴは小粒ですがしっかりと色付き

かすかにイチゴの香りがしています。

価格は280円 意外に安いと思い



これはと 買って帰ることに。







小粒でやはり香りは弱めですが、見た目がとても愛らしいイチゴです。







食べてみると、果肉は白くしまった感じ

イチゴらしい酸味がまず口に広がり、甘さは控えめ

昔、子供のころ食べていたイチゴのような懐かしさが感じられます。





今時のイチゴはどれもとても糖度が高いものに改良されていますが

このイチゴは甘さ重視ではなく、収穫時期重視で改良されたのでしょう。







かつてはこの時期国産のイチゴなんて口にすることは出来ず、

製菓店に並ぶショートケーキのトッピングには大振りなアメリカ産のイチゴが乗っていました。



あのアメリカ産のイチゴ・・・・・

遠く離れた国へ長時間輸送に耐えるよう未熟なうちに収穫していることもあり

見た目だけのイチゴで決して美味しいとは思いませんでしたが




このサマープリンセスは純国産

酸味が強いとはいえ、かつての麗江を思わせるような味は

かえってショートケーキの生クリームとの相性が良い様に思います。



潰してイチゴミルクにしても美味しいかも


欲を言えばきりがありませんが


もう少し香りが強ければな・・・・






でも、

こんな暑い時期でもイチゴが採れるように作り変えてしまう人間とは・・・・



このイチゴに関しては普通のイチゴと旬の時期が大きくずれます。

収穫の最盛期は7月下旬から8月下旬にかけてだそうです。


旬の食材百科にサマープリンセスを追加しました


イチゴ:旬の果物百科
http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/fruit/Strawberry-page.htm
関連記事