「旬の食材百科」話のネタ

様々な食材や料理についての情報を綴っています。話のネタにしていただければ幸いです

カレンダー

12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

  • ホウボウ:「ホウボウ」の旬って?

ホウボウ

先日「旬の食材百科」あてに「ホウボウ」に関する問い合わせがありました。
ある書籍には、ホウボウの旬が3月から5月となっているのに対し、当サイトでは12月から2月となっていて、どちらが正しいのでしょうか?というものでした。

「旬の食材百科」ホウボウのページ
http://www.foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/fish/houbou.htm

結論から言えば、「旬」と言うものの定義の捉え方によってその時期は変わったりもするので、どちらが正しいと言う事はできないと言うことです。
当サイトでの「旬」は、一般的にそれが最も市場に出回る時期であったり、また、最も美味しいと感じる時期を指しています。とは言うものの、例えばある魚などは、その魚の身そのものが美味しい時期を旬と捉えている地方があるかと思えば、別の地方ではその魚が子持ちの時が美味しい旬としていたりと、「美味しい」にもいろいろあるわけです。


で、「旬の食材百科」では、もともと淡白な身に適度に脂がのって旨みが増している時期、そして、ホウボウが和洋中問わず鍋料理や煮込み料理に向いていると言うことでこの寒い冬を「旬」としています。
ちなみに、産卵期は春から夏にかけてです。

私自身この魚は大好きで仕事でも使い、ブイヤベースやポワレ、フリットにもします。
家でも鍋やブイヤベースにして食べます。
この時、ホウボウは鱗を落とし、ワタを出してよく洗い、下ろさずに骨ごとぶつ切りにして使います。
頭の部分は、エラを取り除いて水洗いし、左右に半分に割って入れます
ゼラチン質がたっぷり溶け出し、見事な煮こごりができますよ。
身は適度な脂を感じつつプリッとしていて癖も感じません。
鍋にするとき、はじめは普通のシンプルな出汁で仕上げ、
半分くらいになったらコチジャンを加えてなんちゃって韓国風みたいにしても美味しいです。



刺身やから揚げも美味しいのですが、なにせこの魚、歩留まりが悪く
体の割りに身が小さいのでから揚げだと捨てる部分が多くて・・・
えっ!? こんなちっちゃかったっけ?? みたいな気持ちになりますよ

この「ホウボウ」愛嬌のある顔に、体に不釣合いな大きな胸ビレを持っていて、水中で広げるとまるで翼を広げたようで、しかもヒレはアゲハ蝶のような鮮やかなブルーなんです。
でもこの魚は飛魚みたいには飛びません。
むしろ、海底にすんでいて、発達した胸ビレの一部で底を這い回るように動くんです。
不思議ですよね

この時期スーパーなどでも見かけますが、
一度チャレンジしてみてはいかがですか?
きっと温まりますよ。


関連記事
スポンサーサイト